スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新島・式根島に行ってきたYO! Vol.1

いやぁ、随分と長い間更新を休んでしまいましたw
ま、いいか。夏だし。

この休みの間に島に行ってきました。
島といっても都内の島、新島・式根島のリーズナブルなリゾートもどきです。
でも都内の島といってもバカにしちゃあいけません。
全都道府県中、最も東西南北に広い(長い?)東京都。
小笠原諸島などは本州よりもグァムやサイパンの方がよっぽど近いくらいの南国です。
もっとも新島・式根島は伊豆諸島なので遥かに本州寄りですが、
それでも海のキレイさは東京湾とは雲泥の差です。

shima1.jpg

ここは式根島の石白川海水浴場というところです。
澄んだ海・白い砂浜。人もまばらでリゾート気分全開です。
東京から最寄の海水浴場といえば神奈川の湘南海岸あたりがメジャーだけど、
そこと比べると水も砂も段違いのキレイさです。
新島の方にも海水浴場はあり、そこもキレイで空いているのですが、
いかんせん島自体が広すぎて移動がめんどくさいのと、
防波堤はあるものの波が高くて泳ぐのにはイマイチでした。
サーファーにはいいんでしょうけどね。
式根島はレンタル自転車で島を簡単に縦断できるくらいの広さなので、
移動も楽だし買出しなどで出かけるのも楽。
shima3.jpg

ここは同じく式根島の泊海水浴場というところの上から見たところですが、
見ての通り小さな湾のようになっていて波も穏やかで泳ぎやすい。
なんとなく隠れ家的プライベートビーチを連想させるたたずまいです。
のんびりしたい人には是非式根島がオススメです。

でもこんなにキレイな島なのに、
走っている車のナンバーが全て“品川”ナンバーなのが
やっぱりここは東京都なんだと実感させられます…。


ところで、新島・式根島への格安ツアーだと、
島への往復は竹芝桟橋からの大型フェリーが基本。
shima2.jpg

おそらくこの“さるびあ丸”に乗ることになるでしょう。
しかも席は一番ランクの低い“2等席なし”というのがデフォルトです。
この“2等席なし“というのがひどい。大部屋での雑魚寝すら許されず、
甲板や廊下やちょっとしたスペースの床などで寝転がるしかないのです。

そこで残念にも“2等席なし”でさるびあ丸に乗ることになった人にちょっとした情報。
船に乗り込んだらまずインフォメーションに行って2等のキャンセル待ちをしましょう。
すると番号の書かれた整理券をもらえます。
船が出港してしばらくするとキャンセルが発表されて、
整理番号の若い順から無料で2等の和室にランクアップできます。
一応個人のスペースが確保されているので、床で寝るよりは数倍マシ。
運良く自分も船員さんにこの方法を教えてもらい、
往復とも2等和室を確保しました。
初めっから床で寝るのを覚悟で、せめていい場所の床を確保しようと
急いで船に乗り込みビニールシートを広げて陣地を確保している人もいるけど、
そんな人たちを横目に軽く優越感を覚える事ができます。

次回は新島・式根島の温泉についてレポします。

theme : 国内旅行
genre : 旅行

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

式根島?「泊海水浴場へ!」

私が竜丸を、絶対に連れて来てあげたかった「泊海水浴場」ラッキーなことに、今回宿泊する民宿から1番近い。歩いても10分弱くらい・・・民宿に着いて、すぐ着替えて海へ。この時、まだ11時くらいでした。朝7時に竹芝を出発して、午前中のうちにこんなにキレイ...

comment

管理者にだけメッセージを送る

先日はコメント頂きましてありがとうございました!
さるびあ丸の裏技とか「へぇ~」って感じです。式根島・新島レポートとっても読み応えがありました♪

こんばんは!わざわざコメントしに来ていただいてありがとうございます。
新島・式根島はとてもいいところでした。他にももっと見所がたくさんあると思うけど、時間が少なくてまるで廻りきれてないのが残念です…。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

もんもん

  • Author:もんもん
  • 東京のやや田舎在住の♂。
    ここは自分の書いてる日記のミラーブログです。
    元サイトはここ
    管理人にメール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。