スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社員旅行IN北海道その2

網走に網走湖という湖があります。
網走湖からは網走川を通ってわりとすぐに海に繋がっています。

その網走湖畔にサケの孵化場があります。
人工的にサケの卵を孵化させて稚魚を放流しています。
サケは海で回遊して成長し、網走に帰ってきます。
恐らく大半は定置網に掛かってしまうんだろうけれど、
上手く網を逃れたサケは生まれ故郷の孵化場目指して、
網走川を通って、網走湖を通って、やってきます。
abashiri1.jpg

ここ網走ではそんなサケたちを見ることができます。

一見、ただの湖畔です。
でもよく見ると奥のほうに土管があるのが見えるでしょうか。
abashiri2.jpg



その土管の部分のアップです。
abashiri3.jpg

実は土管をくぐったその先にサケの孵化場があって、
放流されたサケの稚魚はこの土管を通って網走湖に出てきます。

ところで、このドブ川みたいな川をよく見てください。
細長いものが見えるでしょうか。
これ、全部サケです。川を埋め尽くさんばかりのサケです。
abashiri4.jpg

よくわからないと思うけど、真上から撮った写真です。
やろうと思えば簡単に素手で捕まえる事ができます。
それほど間近に大量にサケの群れがいます。
写真ではその凄まじさが伝わらないのが残念です。

どうやらサケにとってここまではなんとか辿り着いたものの、
土管を通って更に先に進むところで立ち往生しているようです。
そりゃそうです。土管の直径なんてここまでの川幅の比ではありません。

でもね、それでもサケたちは健気に更に遡って
自分達が生まれた場所を目指すんですよ。
時折、勇気あるサケが土管の中の闇に消えていきます。


これホント、マジですごいです。
生き物の本能ってやつなんでしょうけど、
何故そこまでして生まれた場所を目指す?って感じです。
てゆーか、広い海を回遊してきて、
どうしてこんな小さなドブ川を探し当てる事ができるんでしょう。
それが不思議でたまりません。
自分だったら地図を与えられても帰ってこれないかもしれないのに。
話には聞いたことはあったけど、実際に見ると本能の力に感動します。


でも、川にまで登ってきてしまったサケは食べても美味しくないらしいぞ。
食べるなら海にいるうちに捕まえないとダメらしい。


今日の一曲 ZARD - 永遠
(From Album “Golden Best ~15th Anniversary~”)

theme : 日記
genre : 日記

comment

管理者にだけメッセージを送る

ZARDのBest盤なんて買うんですね。

>びっちさん
そっちに食いつきましたかw
ちなみに、ここで紹介する曲を自分が全て持っているかというと、そういうわけではないです。
聴いたことがある曲や試聴しただけの曲もあるのであしからず…。

鮭…
すっごいおいしそ~(;→д←)
鮭好きにはたまらん写真だ~~!!!

こんんんん♪

こういうの見ると色々考えさせられるよね
簡単に自らの命を絶つ人間より、よっぽど素晴らしいぞ~~!

竜巻に巻き込まれなくて良かったね((´д`))

>かずさん
鮭好きだったんですか~。
大量のサーモンの刺身が泳いでいるようなもんですからねぇwww
捕り放題ですよ。今ならまだ間に合うかも?www

>メタルさん
こここここ(←もはや意味不明)。
ホントですね。懸命に自らの生を全うしようという姿はかわいそうだけれど感動を覚えます。
自らの命を絶つ人はせめて腎臓とか使えるものを提供してからにして欲しいものです。そーすれば病気で摘出した腎臓を移植しなくてもすむのにね。

そうそう、あのトルネードの佐呂間って網走のすぐ近くなんですね…。亡くなった方にはお悔やみ申し上げます…。

そうなんですか。
秘蔵コレクションから厳選してるもんだと思ってました。

>びっちさん
もちろん大概はそうなんだけど、コレクションにも限界はあるのでw しかも最近かなり選曲がテキトーだしw
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

もんもん

  • Author:もんもん
  • 東京のやや田舎在住の♂。
    ここは自分の書いてる日記のミラーブログです。
    元サイトはここ
    管理人にメール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。