スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お返しします。

自動車運転免許証の更新ハガキが来た。
ゴールド免許だからもう5年ぶりか?

って、運転なんかできるわけないのに更新したってもったいない。
そもそも今回は視力検査にパスできる自信がない。
前回さえかなりオマケで通してもらったのに。

とは言え、10何万円と3ヵ月かけて取ったものが、
期限切れでみすみすプラスチックの板切れになってしまうのも惜しい。

なので、自動車運転免許証を返納することにした。
運転免許に返納制度があるなんてこと知らないでしょ?
恐らく普通の人なら高齢になるまでまずお世話にならない制度。

そして、返納した時に運転免許の代わりにもらえるのが「運転経歴証明書」。
見た目は運転免許証と似たデザインだけど、もちろん運転はできない。
その代わり、一生使える身分証明書として機能するのだ。
よかった。これで10何万円と3ヵ月が無駄にならなくてすむ。

実はこの運転経歴証明書が「一生」使える身分証明書になったのは去年の4月かららしい。
それまでのものは身分証明書としての有効期限があったらしいので、
何年かすると板切れになってしまった。
それだったら運転しなくても身分証明書代わりに運転免許の更新をする、という人も多かったようだが、
去年制度の変更があってから、特に高齢者では免許の返納をする人が増えたという。
今回自分が返納する気になったのも、実はそこのところが大きい。


というわけで、府中運転免許試験場へ行ってきた。

あらかじめデジカメで顔写真を撮って一応写真用紙にプリントアウトしたものを
3×2.4㎝に切って持って行った。
この写真は提出書類に貼る用らしい。

更新手続きの人が窓口に行列を作るすぐ隣、「返納」受付窓口には誰も並んでいない。
「免許を返納して運転経歴証明書が欲しいんですけれど。」

本気ですか?みたいな顔をされた。
まぁ仕方がない。見た目はまだ若い(つもり)。
理由を聞かれたので、目が見えなくなりましたとだけ言っておいた。

持ってきた写真と運転免許証を提出してしばらく待機。
書類を3枚渡されて必要事項を記入後再提出。
その後別窓口で手数料¥1,000を支払い、証明書に使う写真を撮ってさらに待機。
全て終わるのに2時間くらいかかったか、運転経歴証明書ができました。

keirekisyomei.jpg


ちなみに一生使えるこの証明書、写真も一生このまま使うらしい。
じーさんになっても39歳の若さのまま…でいいのか?
住所が変わった時だけ警察署や試験場などで住所変更の手続きをするらしい。
(裏面に新住所が書き足されていくらしい)



こうやって1つずつ何かを失っていくんだな。
スポンサーサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

もんもん

  • Author:もんもん
  • 東京のやや田舎在住の♂。
    ここは自分の書いてる日記のミラーブログです。
    元サイトはここ
    管理人にメール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。