スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝霧ギリギリ。

いよいよ今週末の土日は“朝霧JAM”ですよ!

去年は大雨でヒドイ目を見させられましたからね。
ライブを楽しむどころか、その場にいることすら苦痛を感じるほど
とにかく雨が降り続けたものでした。
だって、普通に草の上にテント張ったつもりが、
気が付いたらいつの間にか湿原の中にテント張ってましたから。
今年も台風19号が発生したときは「今年は死ねるかも」と思いましたが、
なんかあさっての方向へ向かい、シナの国を目指しているようなので一安心。
現時点で天気予報も土日とも晴れのち曇りなので、
今年こそは一回も雨が降らない朝霧JAMを体験できるかと期待しております。

ところで、出演者が発表になる前にチケットがSOLD OUTするというこのフェス。
今年は誰が出るんだろと思っていましたが、
2週間くらい前だったか、ようやく出演者が発表になり、見てみると、

真心ブラザーズしか知らねぇ~ Σ(゚∀゚;)

毎年だんだん自分の知っているアーティストが減っていくのですが、
今年はかろうじてギリギリ真心のみ。
真心いなかったらまるで未知の世界ですよ。
こんな自分が朝霧に参加している事は内緒。
スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

最終回DEATH!

ヘビメタさんが終わってしまいました。
何気に毎週見てたのになぁ。

内容的にはかなりくだらなかったのですが、
とりあえず懐かしいメタルがちょこちょこ流れるのを聴いて
なんとなくノスタルジーに浸るのと、
マーティーのギターを見てへーと感心するのと、
熊田曜子を眺めるために(?)見てました。

やっぱ番組の企画内容が貧相だったなぁ。
初めは面白がって見てたけど、見てるうちにだんだんマンネリ化して飽きてきたし、
ちょっと素人にも頼りすぎだったし。
メタルの番組やるならMTVのヘッドバンガーズボールみたいなのが見たいなぁ。

theme : 深夜番組
genre : テレビ・ラジオ

モッコリとキリゾー。

愛知万博が終わってしまいました。

そもそも愛・地球博という名前が“愛知”球博とかけている時点で
これはサムいことになりそうだと思っていたら意外や意外、
予想を大幅に上回る入場者数で、100億円近い黒字とか。
え~そんなに面白かったの?行けば良かったかなぁ?

ところでこの手のイベント事には必ずマスコットキャラクターが付いてきて
販促物にお土産物にと大活躍してお客の財布からお金をばら撒かせてくれるわけです。
aichi1.gif

今回のキッコロとモリゾーもまたトトロの出来損ないみたいな
何とも言えない中途半端なキャラクターでした。
ていうか、君らは何者なの?
そこで今更ウィキペディアで調べてみました。
以下、ウィキペディアより。

 キッコロ
 愛知県瀬戸市の海上(かいしょ)の森に住む妖精。
 性別は、どちらでもなくて、どちらでもある。
 生まれたばかり。
 好奇心おう盛な性格で、行動力もある。モリゾーのことが大好きで
 「おじいさん」と呼び、尊敬している。

 モリゾー
 愛知県瀬戸市の海上(かいしょ)の森に住む妖精。キッコロと一緒に住んでいる。
 外見から「おじいさん」と呼ばれているが、性別はどちらでもない。
 本人もいつから生きているのか忘れてしまっている。それくらい昔から生きている。
 たぶん縄文時代より前から。
 基本的に、優しくてゆったりした性格。ぼーっとしているところもある。が、怒らせると恐い
 (この辺りに、森の精の長老としての性格が出ていると思われる)。
 物知りで賢く、教えたがり。しかし、好奇心もまだ健在。


“性別はどちらでもなくてどちらでもある”とは雌雄同体という意味ですか?
 (雌雄同体…動物で、同一個体内に卵巣と精巣をあわせもつもの、
         あるいは両性腺をもつもの。ミミズやカタツムリなど。)
つまり彼らは自ら受精して出産できる体というわけですか。さすが妖精。
おじいさんと呼ばれているけれど性別はどちらでもないというのもものすごい設定です。
そんなら初めからおじいさんなどと呼ばせるな。

さようなら。キッコロとモリゾー。
多分1年後くらいのクイズ番組で「このキャラクターの名前は何だったでしょう?」
なんて問題に使われて、解答者が見事答えられない画が目に浮かびます。


ところでこんなのがネット上で流行ってたんですか。知らなかった。
モッコロとキリゾー。
aichi2.jpg

ヤバイ、かわいい。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

虚構でもいいじゃないか。

書くのが少々遅くなったけど、
ドラマ版“電車男”を最終回まで見ましてね、

泣きました、マジで。

初めはあの2ちゃん独特の世界をどうやって
ドラマとして映像化するのか気になっていました。
見始めた当初は、
「どうしてフォントをでかくできるんだよ!」とか
「どうしてID表示がされてないんだよ!」とか
余計なツッコミを心の中でしていましたし、
余計な登場人物やストーカーだのコミケだの原作を逸脱した
アレンジのし過ぎにかなり戸惑いも覚えましたが、
話が進むにつれてそれらにも慣れてきて、
純粋にひとつのフィクションとして楽しむようになりました。

最終回の告白のシーン、
あれだけはやっぱり公園のベンチでして欲しかったけど、
でも泣いた。
それ以外にも途中途中でほろりと泣いた。
使い古された感はありますが、

電車にほんの少し勇気をもらったよ。


でもね、あのドラマを見て「あ~2ちゃんねるっていいところだなぁ」
なんて思って2ちゃんねるにやってくる2ちゃんねる未経験の人たち、

世の中はそんなに甘いもんじゃありませんよ。

全ての基本はここにある。

今は“ゲームボーイミクロ”とかいう手のひらにも収まる
ものすごい小さいゲーム機を販売している任天堂。
でも、自分くらいの年齢の人間にとっては、
任天堂といえばゲームボーイでもファミコンでもなく、

“ゲーム&ウォッチ”なのですよ。
(さすがに花札とまではいきません)

ゲーム&ウォッチというけれど、ウォッチ機能はほとんど使った事ありませんw
あの頃はお年玉とかでいくつもゲーム&ウォッチ買ってたなぁ。
一番好きで、且つ最も得意としてたのは“バーミン”という
もぐらたたきゲームなんですけどね、
他にもファイアとかオクトパスなんかも得意としてました。
そんなゲーム&ウォッチが今蘇る。

ドンキーコングJR.のゲーム&ウォッチ

あぁもぅ、懐かしい…。
自分はこれも持ってました。しかも超得意でした。
しかし今時のフラッシュというのはすごいですね。
これくらいのゲームなら簡単に再現できちゃうんだから。
さすがにAとBのゲームは選べないけど、
この年季の入りまくった本体がとてもいい感じですw

矢印キーで移動してスペースキーでジャンプ。
ジャンプしたりツタに掴まったりしながら鳥や罠を避けつつ進んで行き、
上段の果物は落とすと下にいる敵をやっつけられます。
最後の鍵を取るところは上キーでジャンプです。
見事4回鍵を取ればドンキーコングを開放してあげられます。
早速やってみました。



スゲー難しい…。 orz
あの頃の天才的な腕前はどこへいったんだろう?
でも懐かしくてハマッちゃいました。

theme : flashゲーム色々
genre : ゲーム

もすかうもすき。

前回マイアヒについて触れたばかりだけど、
空耳的には自分はこっちの方がはるかに面白いと思う。

もすかう

いや、アニメ的にも良くできてるよ。
マイアヒの次に来るのはこれか!とも思ってたけど、
あんまり来ないね。やっぱ曲が古いからかな?

もすかう フルコーラス
アニメ的にはあんまり面白くないけれど、曲をフルコーラス聴くことができます。

もすかう 実写版
これを見れば何故アニメであんな踊りをしているのかわかります。
とにかく濃い。

しかしこれだけ無理矢理にでも日本語になる曲っていうのもすごいな。

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

avex、オマエモナー。

ごんさんのブログで気になる事が書いてあったので、
今日はそれについて書こうかな。

大人気のマイアヒー。
ここまで人気になったのはひとえに2ちゃんねる発祥の
空耳フラッシュ(アニメ)のおかげです。
そのフラッシュに出てくるネコのキャラクターに
(自分は昨日までそれをモナーだと思っていたんですが)
あのavexが勝手に“のまネコ”という名前をつけて
グッズ販売などのプロモーション展開をするとのこと。

詳しい事はこちらのまとめサイトを見てください。

要はavexがモナーをパクって、
オリジナルキャラとして商標登録しているところが問題なわけです。
(正確に言うと㈱ゼンというところが間に入り著作権を管理しているようで、
avexはそこと商品化契約をしている、とのこと)
上のまとめサイト内“5分でわかるのまネコ問題”というところに画像が載っていますが、
“Cマーク”を付けているということはどうやら本気のようです。
んじゃ、モナー自体に著作権が存在するのかといわれると、
それはそれで難しいと思います。
モナーをAAで作り出した人が著作権を今更主張しても、
これだけ万人に広まってしまった後では正直無理でしょう。
だからといってそれをパクってオリジナルキャラだと主張するのはいいのか?
いや、パクるというレベルを超えて、
どこからどう見ても“のまネコ”は“モナー”そのものです。

さすがにこれには周囲の反感を買ったらしく、
一部ではavexの不買運動も起きているとか、
avex所属のMOVEというアーティストが自らのブログでavexを批判するなど、
様々な波紋を広げているようです。

そうかぁ、CCCDで自らの著作権は守るのに、
人のものはお構いなしにパクるんだぁ、avexって。

それなら、こんなものを作ってみました。
nomona1.jpg

パッと見avexの“のまネコ”に見えるかもしれませんが、
よく見てください。口元にほくろがあるでしょう?
nomona2.jpg

これはavexの“のまネコ”とはまったく違うキャラクターです。
名前は“ノモナー”です。僕が作ったオリジナルキャラクターです。

avexの人、何か問題でも?

theme : のまネコ
genre : ニュース

タダより安いものはない。

朝の通勤時間帯のJR駅前。
駅に出入りする通勤客目当てに、実に様々な“配り屋”がいます。

当然の如く、チラシの類は毎日必ずいます。
ただの広告や居酒屋の1杯無料券、割引クーポンなど内容は様々。
最近はフリーマガジン系も多く、
前にも触れた“めざましマガジン”やパチンコ業界のや、
女性用のフリーマガジンもあるようです。もらえないからよくわからないけど。
ポケットティッシュを配っている信販系もザラです。
特に春先の花粉症の時期は重宝します。
たまに新商品の無料サンプルを配っている事があり、
缶コーヒーやガムとかを配っているとラッキーです。
女性用の無料サンプルは更に多く、
化粧品とかシャンプーとか配っているようです。
もらえないからよくわからないけど。

多いときは駅の構内を出て横断歩道までの10メートルくらいの間を
10人くらいに左右から挟まれてあれやこれや突き出されて
受け取る事を強要されます。
まるで結婚式で教会から出てきたカップルをアーチで送り出すみたいに挟まれます。

ところで、今朝も何かを配ってました。
大した物じゃなさそうなのでさっさと通り過ぎようと思っていたら、
向こうからおじいちゃんが杖を突きながらひょこひょこ歩いてきました。
そして何かを配っているバイトのおねぇちゃんの横に立ち止まると、
「わしにもよこせ」と言わんばかりにサッと手を差し出したのです。
さすがじぃちゃん。普通はそこまでずうずうしくなれないぜ。
と思っていたら、バイトのおねぇちゃんがひと言。

「女性用の生理用品のサンプルですので…。」

その後どうなったかは知りません。

theme : ひとりごと
genre : 日記

全ては小泉の想定内なのか。

9月11日。
世界的には“あの”9月11日なのに、
ここ日本では、今日ばかりはそうも言ってられないようですね。

自分も投票は行ってきました。
一応自分なりの意思を表明してきたつもりです。
ま、結果は自民党の圧勝ということで、
国民は小泉内閣を、郵政民営化を支持したというところでしょうか。
もちろん投票前から自民党有利ということは散々言われていたけれど、
まさかここまで圧勝とはね。

個人的な見解でいうと、
別に小泉政権がすごくイイというわけじゃないけど、
んじゃ、それに代わる誰かがいるかというと哀しいくらいにいない。
それだったらまだ小泉の方がマシか?くらいの勢いに見えます。
いわゆる、消去法で小泉?くらいの人がかなりいるような気がします。
今回は対抗馬がいなかったから馬なりで楽に勝てたというもの。
もしも、例えば石原慎太郎のようなカリスマのある対抗馬が現れていたら、
今回の圧勝を支えていたと見られる浮動票もごっそり取られて、
ひょっとしたらひょっとしてたかもしれませんよ。
自民党にはそこらへんを自覚してもらって、
間違っても圧勝だからといって天狗になるのではなく、
謙虚な姿勢で日本の改革を推し進めていって欲しいものです。
ま、かく言う自分も浮動層の1人なんですが。

ホリエモンは今回の落選も想定内?

theme : 衆議院議員選挙
genre : ニュース

薔薇とエゴ。

青い薔薇を作り出すことに成功したそうですよ。

以下記事より。
「青いバラ」の開発は、サントリー(大阪市)がオーストラリアのフロリジン社と提携し、
1990年から着手。遺伝子組み換え技術を使ってパンジーから取り出した
青色色素の遺伝子を組み込み、昨年、花びらに含まれる色素が
ほぼ100%青色のバラ開発に成功した。


何故かは知らないけれどあのサントリーが、
しかもわざわざ外国の企業と提携して、
遺伝子組み換えという最先端技術を駆使して、
1990年からだから15年もかかって、
やっと作った青い薔薇。

意味わからん。

今まで青い薔薇がなかったということは、
薔薇は青いものではないということ。
言い換えれば、生命の進化の過程において
薔薇は青である必要はなかったということ。
それを無理矢理青くして
人間が見て楽しむためだけに作り出した。
人間のエゴ。

人間は自然の摂理を超えてどこへ行くのだろう。
神をも超えようとでもいうのか。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

アジでも釣ろうじゃないか。

釣りって、嫌いじゃないし、むしろ好きなほうだと思うんですが、
やっぱどうせ釣るなら食べられるものを釣りたいし、
そうすると海釣りだけど海は遠いし、
そのうえいろんな道具を揃えるのにお金も掛かるし…。
ということであまり行く機会もなかったのですが、
昨日、釣りが大好きな人に誘われるまま海釣りに行ってきました。

海釣りとなると岸から釣るか船から釣るかのどちらかですが、
今回初めて乗合釣り船というものに乗ってきました。
乗合なんて、釣りが大好きな人じゃないと乗れないようなイメージがあったんで、
自分のようなド素人が乗っていいのかとも思いましたが、
そこは付き添いがいるのでまぁいいか。

羽田空港のすぐ近くの多摩川河口付近に釣り船の宿が並んでいます。
ここが乗合釣り船のターミナルみたいなところです。


こんな感じで釣り船がたくさん並んでいるのです。
釣る魚によって狙うポイントが違うので船も釣る魚別に異なり、
今回自分たちは小型アジ釣り船に乗りました。
朝早く、大体6時半くらいには船に着いていたのですが、
そのときにはもう既に船のいい場所(端っことか)は取られており、
仕方なく船の真ん中辺に陣取ります。
この日は大盛況で23人乗ったみたいです。

出港。いい天気で気持ちがいい。
程なく羽田空港も見えてきます。
tsuri2.jpg

今日のポイントまでは30分くらい走ります。
それにしても漁船って本気で走ると思ってたよりも速い速い。
こないだ新島に行くときに乗ったさるびあ丸よりもはるかに速い。
船が小さいので体感速度はジェット船並みです。

ポイントに着いて早速釣り糸をたらします。
こんな感じで船の両側にみんなで並んで釣るのですが、
tsuri3.jpg

さっきも書いたけど今日は大盛況なので隣の人との間隔が2mもない。
すると必ず隣の人と釣り糸が絡まる、いわゆる”お祭り”という状況になります。
この“お祭り”になると隣の人に対してとても迷惑がかかるので、
なるべく引っかからないようにがんばっているのですが、

あぁ~祭りだ祭りだ♪
と北島三郎も歌いだすくらいしょっちゅうカーニバル&フェスティバルですよ。
魚釣ってる時間よりも糸ほどいてる時間のほうが長かったんじゃないかと。
大体、隣と2mも離れてないのに仕掛けだけで2m以上あるんだから、
そりゃあ糸も絡むわな。客乗せすぎだろ、この船。
しょっちゅうお祭してたのは自分が下手だからだけじゃ絶対ないです。

そんな状況の中、アジ釣に行ったのに、実際釣れたのは、
tsuri4.jpg

ウルメイワシ16匹。
おい、いくら自分が下手だからって、アジ0匹はないでしょ。
ただまぁ今日は日が悪かったのか、他の人もアジは全然釣れてなかったですけど。
とりあえず“坊主(釣果0)”にだけはならなくて良かった。

そんなわけで、負けてきました。
もう2度と満員御礼な釣り船には乗らないぞ。

theme : ひとりごと
genre : 日記

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

もんもん

  • Author:もんもん
  • 東京のやや田舎在住の♂。
    ここは自分の書いてる日記のミラーブログです。
    元サイトはここ
    管理人にメール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。